新潟市中央区 こばやし歯科医院

歯周病

歯周病とは

歯周病とは
歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。 30歳以上の多くの方が感染しており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mm程のすき間があり、そこに溜まったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていくことで歯肉が炎症し歯周病が進行していきます。歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化し最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気が付かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期的に検診を行うことが大切です。

口腔内だけではなく、全身疾患の原因に

口腔内だけではなく、全身疾患の原因に
歯周病が、全身の様々な疾患と深く関係していることをご存知ですか?
歯周病は口腔内の細菌の感染によって引き起こされる病気ですが、その細菌やそれが作り出す毒素や炎症を引き起こす物質が患部から血液中に入り、全身に悪影響を及ぼす可能性があります。
例えば、歯周病患者は脳梗塞や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの循環障害になる確率が3〜4倍、早産(低体重児出産)の危険率は実に7倍にものぼるといわれています。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡について

当院では、お口の中の歯周病菌の存在、量を把握するために位相差顕微鏡検査を行います。お口の中の歯垢(プラーク)をほんの少し採取し、それを位相差顕微鏡で観察します。顕微鏡で見ることで、口の中の歯周病菌の存在、量を確認できます。

検査によってわかった菌の状態から、歯周病治療においてお薬が必要かどうか、また必要であればどのようなお薬が最適なのかを診断します。

その後、診断結果をもとに治療計画をたて、必要に応じてお薬を処方します。使用するお薬は、内服として、歯周病菌に有効な抗菌薬と歯磨剤として抗真菌剤を処方します。

投薬後には歯周病菌が減ったかどうか、再び位相差顕微鏡を使用して確認します。歯周病菌の状態が改善されたのを確認後、歯周ポケット検査を行い、歯石とり(病態によって回数は異なります)を行います。

治療後は定期的な診療を行います。位相差顕微鏡検査と歯周ポケット検査を再度行い、治癒を確認します。良くなった歯ぐきを長く維持させるために2~6ヶ月ごとの定期健診をおすすめします。なお、現在歯周病内科治療は健康保険の適用になっておりません。

オーラルセルフチェック

あなたは当てはまるチェック項目がいくつありますか?
該当する項目があれば歯周病の可能性があります。
すぐに歯科医を受診しましょう。

オーラルセルフチェックシート
YesNo
グラグラ動く歯がある
歯を磨いたときに歯ぐきから血が出る
歯がしみる
歯ぐきが赤く腫れている
歯のすき間が広がってきた
歯茎が下がり歯が長くなった気がする
口臭があると言われる
食べ物がかみ切りにくくなってきた
朝起きたとき口の中がネバネバする
食べ物が歯の間によくはさまる
近親者が重度の歯周病である